2017年2月23日の練習記録

 

金澤先生のご指導で「LOVE」の中から3月18日のロビーコンサートで歌う4曲と、4月9日の春ふれで歌う「空のキャンバス」3曲を練習しました。

「ゴンドラの唄」「夜明けのスキャット」「瀬戸の花嫁」「東京ブギウギ」のピアノ伴奏も弾いていただき録音を聴きながら自主練習もできます。

(ホームページの「練習音源庫」ページに登録されています。)

全体的にリズムが遅れがちです。

感情をこめて遅れたりブレスの後で遅れたりしないように気をつける必要があります。

以下に注意事項をまとめます。

 

 

「ゴンドラの唄」

14小節目「2」から遅れ気味になりますのでテンポが遅れないようにしましょう。

1. 18小節目「♪あす♪」は主旋律ではないので弱めにする。

2. 20小節目最後の「の」はテヌートにせず次の「を」にサッと入る。

 

 

「夜明けのスキャット」

出だしの女声メロディも軽く歌ってみて、「♪ルルルル♪」で入るときの雰囲気を考えました。

1. 166小節目を歌ったら続く「♪ほしも♪」を出遅れない!

2. 169小節目「♪あい♪」の入れが遅れないようにタイミングをしっかり取る。

3. [ベース] 170小節目出だしの「♪あいの♪」を遅れないように!

4. [テノール] 171小節目「♪ひびく♪」がゆったり歌いすぎて遅れないように気をつける。

5. 173小節目「♪あいしあう♪」を出遅れない。

6. 181小節目「♪とけいは♪」の途中からクレシェンドをしっかりする。

 

「瀬戸の花嫁」

1. 135小節目「♪とうさん♪」の「さ」の後で「ん」をしっかり出す。

 

「東京ブギウギ」

体を動かすくらいのうきうきした気持ちで明るく歌いましょう。

リズムが重くならないよう、軽快にいきたいですね。

1. 42小節目「♪もゆる♪」からのリズムははねない。

2. 46小節目3拍目の「♪こいーの♪」はしっかりクレシェンドする。

 

「空のキャンバス」

イで伸びる母音が美しくないのでもっと綺麗に発声しましょう。

1. 20小節目の「く」の後でベース系はブレスを取り、22小節目の「そ」の前では全体がブレスする。

2. 46小節目の「か」への入りが遅れないようにする。

3. 48小節目「♪なきさけぶ♪」の途中から遅くなるので遅れないように気をつける。

4. [セカンド] 60小節目「♪まっかな♪」の入りで遅くならないようにする。

 

「傘」

1. [トップ] 28小節目「♪かこと♪」はクレシェンドをしっかりする。

2. [セカンド] 65小節目「♪こえていく♪」は押し付けないように歌う。

 

「花」

1. 14小節目の「い」はイ母音を柔らかく出す。

 

以上


2017年2月16日の練習記録

 

宇田川先生・金澤先生のご指導で「雨」(水のいのち)の練習を中心に行いました。

「雨」を歌うのは前回からだいぶ時間が経っており、思い出しながらの練習でした。

最後に「空のキャンバス」の「花」と「傘」を練習しました。

こちらは足立・春ふれでの演奏を見据えてしっかりと仕上げていくことになります。

以下に注意事項をまとめます。

 

 

「雨」

伸ばすところはギリギリまで伸ばします。

ブレスはフレーズの途中では行わずスッと息を吸いましょう。

1. [テノール系] 5ページ2段目3小節目最初の「べ」を柔らかく発する。

2. [ベース系] 5ページ2段目3小節目「♪すべて♪」の出だしのタイミングを合わせる。

3. [テノール系] 7ページ1段目4小節目「♪いど♪」はppであり、エコーなので弱くする。

4. 7ページ2段目4小節目で「え」から「な」へ自然に強めてmfに持っていく。

5. 8ページ1段目1小節目「♪ふみたえる♪」の入るタイミングをしっかり取る。

6. 8ページ2段目2小節目最後の「♪いど♪」の前でテンポを少し緩め、「い」の前で区切ってブレスを取る。

7. [トップ] 9ページ1段目1小節目「♪にー♪」をしっかり伸ばす。

8. [セカンド] 9ページ1段目2小節目「♪にわに♪」の「に」を言い直してをしっかり出す。

9. 9ページ1段目3小節目「♪こだちを♪」でクレシェンドし、次の「こ」は弱めるがK子音をしっかり出す。

10. 9ページ2段目2小節目からの「♪おお♪」は感動を表す言葉であることを意識し、2回目の「♪おお♪」は言い直して少し強くする。

11. [セカンドとバリトン] 10ページ1段目2小節目「♪ものに♪」は言い直す。

12. 10ページ2段目3小節目の1拍目でしっかり切る。

 

「花」

伸ばすところはしっかりと伸ばしましょう。

「が」の発声は鼻濁音で柔らかく!

1拍目と3拍目でアクセントをつけてはいけません。

 

「傘」

40小節目「♪そのばしのぎ♪」からはフレーズの切れ目の最後「ど」「は」「が」は柔らかく発声しますが1拍をしっかりと伸ばしましょう。

 

以上


2017年2月11日の合同練習記録

 

クール・レーヴ高橋先生のご指導で、「LOVE」を女声と合わせる練習を行いました。

女声のメロディをはっきりと聴かせる箇所など、音程・リズムだけでなくバランスも考えた歌い方の練習でした。

伸ばす音で音程が下がる点も何か所かで注意されました。

 

「瀬戸の花嫁」

1. 115小節目「♪わかいと♪」はソプラノが主旋律なので他パートはソプラノにスッと入り抑えて歌う。(全体的に小さく)

 最後の「と」は柔らかく発して伸ばさない。

 

「夜明けのスキャット」

1. [テノール] 171小節目「♪ひびくー♪」では指揮をよく見てタイミングを取る。

 次の「♪だーけー♪」も同じく指揮をよく見る。

 

「喝采」

1. 188小節目「♪いつものように♪」で「も」を当てることなく、「よ」から「う」も滑らかに歌う。

2, 190小節目「♪uh♪」は「オ」ではなく深すぎない「ウ」にする。

3. 192小節目最後の「♪とーどいたー♪」は指揮をよく見て突っ込みをしっかりする。

4. 199小節目「♪あれは♪」で入りの「あ」をぶつけない。

5. 200小節目最後の「♪あなた♪」は「あ」を当てずに柔らかく歌う。

6. 204小節目初めの「♪きしゃ♪」をはっきりと発する。

7. 208小節目「♪ひなびたまちの♪」では「ひ」の音に集中して柔らかく入り、滑らかに歌う。

8. 211小節目最後からの「♪たたーずみー♪」で最初の「た」と次の「た」の間で切らない。

 

「どうにもとまらない」

1. 250小節目後半の「♪あなた♩」で「あ」をぶつけずに柔らかく入る。

2. 251小節目「♪しだいなのー♪」が弱くならないようしっかりと出す。

3. 254小節目「♪どうにも♪」の「に」は響きのある「に」にする。

4. 255小節目の「い」は4声が揃うので抑えめにする。

 

「愛燦々」

1. 267小節目出だしの「♪あいー♪」は弱めに入る。

2. 285小節目「♪ふしぎですね♪」は「ふ」の出だしを出遅れない。

 

以上


2017年2月9日の練習記録

 

金澤先生のご指導で、「LOVE」の練習を中心に行いました。

2日後にクール・レーヴさんとの合同練習があるため、上手く合わせられるように

歌い方の基本的な注意がありました。

最後に「空のキャンバス」3曲を通して歌いました。

以下に注意点を書きますが、11日の合同練習でクール・レーヴ高橋先生からの指摘事項も混ざっているかもしれません。

いずれにしても気をつけておく必要があります。

 

「ゴンドラの唄」

1. 11小節目で4拍目から「る」の3拍はあるとの動きを聞くために緩める。

2. 14小節目「♪あつき♪」の入りは出しすぎず柔らかく入る。

3. [テノール] 19小節目4拍目からの「の」は動きをはっきり聴かせる。

4. 21小節目は6拍をしっかり伸ばす。

 

「東京ブギウギ」

1. 39小節目「♪くちぶえふこうー♪」は跳ねすぎないように気をつける。

2. 41小節目「♪dun♪」は「ドゥンー」ではなく「ドゥーン」。

3. 42小節目「♪もゆるここーろ♪」からも跳ねすぎないように気をつける。

 

「恋のバカンス」

1. 75小節目は「♪lu♪」の3拍の後で続く「♪lu♪」をもたもたせずにスッと入る。これは91小節目でも同じ。

2. 84小節目「♪ひめごと♪」はもたもたせずスパッと歌う。

3. [テノール] 93小節目「♪こいの♪」でしっかりとクレシェンドをかける。

4. 94小節目「♪バカンス♪」で最初の「バ」をはっきりと出す。

 

「瀬戸の花嫁」

1. 117小節目「♪するけれど♪」は動きをはっきり聴かせる。

2. 123小節目「♪だんだんーばたけと♪」の2回の「ん」をしっかりと発する。

3. 125小節目「♪さよならー♪」で「よ」の下がる音をしっかり取る。

4. 126小節目の「よ」の音程が下がらないようにする。

5. [テノール] 27小節目最初の「お」の音程を高めに取る。

6. 128小節目の「と」では2声が同じ音なので強すぎてはいけない。

7. 131小節目「♪おとこ♪」の「こ」は出しすぎずスッと入る。

8. 132小節目「♪だったら♪」の「ら」は出しすぎずに短めで次の「な」にスッと入る。

9. 136小節目「♪だいじに♪」でしっかりとクレシェンドをかける。

10. 138小節目最後の「♪とうさん♪」は遅れずにはっきりと出る。

11. 140小節目「♪だいじに♪」は入る前の八分休符を大切にし、入ってからはクレシェンドをしっかりかけてフォルテに持っていく。

 

「夜明けのスキャット」

1. 157小節目4拍目からの「♪ラララ♪」は「ララ」を1つづ区切らずなめらかに歌う。

2. 161小節目からクレシェンド記号がついているがここではまだ強めず、163小節目から強めていく。

3. 163小節目の「ラ」から(女声と一緒に)クレシェンドをかけ、押さずに広げていく。

4. 168小節目「♪きえなーいー♪」は最後の「い」をしっかり聴かせる。

5. 169小節目出だしの「あ」を出遅れない。

6. [テノール] 170小節目の「う」の音程が下がらないように気をつける。

7. [ベース] 170小節目「♪あいのうた♪」をなめらかに歌う。

8. 173小節目「♪あいしあう?」の最後の半拍「あ」をしっかりと出す。

9. 183小節目の「ま」「る」「の」は縦の線を揃える。

10. [テノール] 184小節目の「の」は下がらないように上から下りる気持ちで出す。

11. 184小節目の「の」は4拍でしっかり切る。

 

「喝采」

1. 188小節目「♪いつものように♪」は出遅れずにそっと入る。

2. 192小節目最後の「♪とーどいたー♪」は「と」の突っ込みをしっかりする。

3. 200小節目「♪とめる♪」の出だし「と」はしっかり突っ込む。

4. 208小節目「♪ひなびたまちの♪」はカクカクせず滑らかに歌う。

5. 214小節目で出だしの「♪わたし♪」では突っ込まない。

 

「どうにもとまらない」

1. 230小節目「♪うわさをしーんじちゃ♪」で「を」からすぐに「し」に入る。

 続く「♪いけないよー♪」でも「な」からすぐに「い」に入る。

 これ以降も同様で、十六分音符から次へすぐに入る。

2. 244小節目後半「♪あつい♪」を出遅れない。

 

「愛燦々」

三連符がつながっている箇所で遅れるので気をつけましょう。

1. 279小節目からの「♪かこーたちは♪」の「こー」は「お」が入るくらいの感じにして、「続く「た」が出遅れないようにする。

2. [テノール] 289小節目「♪あいーー♪」の「あ」が出遅れないように出る。

 

以上


2017年2月2日の練習記録

 

ピアノの金澤先生が3か月ぶりに復帰されて、宇田川先生・金澤先生による厳しい練習が復活しました。

今年は4つの大きな演奏会でのステージが予定されており、練習にも熱が入ってきます。

 

「空のキャンバス」の3曲と「LOVE」の8曲を練習しました。

注意点などを以下にまとめます。

 

「花-Flower」

全体を通して「イ」母音を柔らかく発声しましょう。

1. 26小節目「♪あなたが♪」は強くせずにそっと入る。

2. 30小節目「♪きっと♪」と「♪さかせて♪」の間に小さな間を入れる。

 

「傘」

1. 11小節目「♪そらに♪」にはスパッと入る。

2. [テノール] 13小節目「♪とおりすぎる♪」の入りを出遅れない。

3. 38小節目「♪さしてあるいてゆく♪」はmfのままで続ける。

4. 41小節目からの「♪けれど♪」「♪いまは♪」「♪それが♪」の

 それぞれ最後の「ど」「は」「が」を柔らかく長めにする。

5. 52小節目「♪めのまえ♪」は晴れたイメージで入り、レガート&テヌート。

6. 60小節目の「で」は3拍をしっかり伸ばしてトップの

 「♪みずたまりを♪」につなげる。

7. 63小節目「♪かるく♪」の「く」は息をはっきり前に出して5拍伸ばす。

8. 65小節目「♪こえて♪」では当てずになめらかに上がる。

 

「空のキャンバス」

1. 9小節目出だしの「♪しょうねんの♪」はレガートにして、

 「しょう」の「う」を「お」ではっきり出す。

2. [バス] 38小節目「♪なきさけぶ♪」の「さ」をしっかり出す。

3. [トップ] 42小節目「♪なきさけぶ♪」の「さ」をしっかり出す。

4. 48小節目「♪なきさけぶ♪」の入りはmpにしっかりと落とす。

 続いてクレシェンドは「♪しょうねんは♪」からはっきり出す。

5. 56小節目から各パートの「♪まっかな♪」の「ま」ははっきりと当てる。

6. 87小節目の「か」を伸ばすところではバリトンを聴かせるために

 他パートは抜いて歌う。

 

「LOVE」は基本的な音・リズム取りを行い、表現の仕方などはCR高橋先生の

ご指示に従うことになります。

 

以上